真実をお伝えいたします。

実は、絶望的な状況に見えるひきこもりの童貞でも
簡単にかわいい恋人をことができるのです。
   
正しいやり方さえ知ってしまえば・・・・


はじめまして。
童貞の彼女作りを支援する会の、仲村修(なかむら・しゅう)と申します。

上述の通り、私自身、以前はひきこもりの童貞でした。


私は幼少期から容姿・容貌に強いコンプレックスがあり、
それが原因で学校ではイジメも受けました。

女友達はおろか、男友達すらできない状況で、
しだいに対人恐怖症に・・・。
美少女ゲームとオナニーをやりながらひきこもる毎日でした。


さらに、私は女性に縁がなかっただけではなく、

アトピーで、目は不気味な斜視、虚弱体質で、デコハゲ
極めつけは、重度のヘルニアでかなりの期間寝たきりの状態だったのです。
(全部本当ですよ^^;)


ナンパや合コンなど参加できるはずもなく、出会い系では返事すら来ませんでした。

珍しく返事が来ても、童貞特有のオドオドした返信しかできず、いつも嫌われてしまいました。


その頃の唯一の楽しみはオナニーでした(爆)


たまに外出して街中でパンチラに遭遇しただけで狂喜していたし、
いつも中学・高校の同級生の女子を思い出したり
ネットで検索して手に入れたエッチ画像と
ネットで購入したフィギアを見ながら
必死にオナニーしていました。

そんな変態的なオナニー現場を親に見られ、
自殺したくなったこともあります


自分が童貞であるというだけで、重いヨロイを着せられたような自信喪失感がありました。

何よりも恐ろしかったのは、
女の子と接することに、楽しさを全く感じられず
むしろ苦痛なことばかりだったことです。

もう完全に末期症状に陥っていました・・・。


■女の子と会話しても緊張してまともに話せない

■容姿・容貌にコンプレックスがあり、女友達はおろか男友達すらいない対人恐怖症

■女の子との出会いが全くなく、そのやり方も解らない

■出会いがあったとしても、その出会いをモノにできない

■童貞であるという漠然とした劣等感で自分を完全に見失っている

■もはや恋愛は胃が痛くなる強制労働にしか思えなくなっている

■女性経験が無いだけの童貞ではなく、女性のアソコを実際に見たことも触ったこともない


典型的な童貞の超絶望的な状況そのものです。

かわいい恋人がいる状態など、とてつもなく遠い世界のように感じられました。




しかし・・・今ではかわいい女の子から雪崩のように告白され続けています。






今ではたくさんの女の子に囲まれて生活してます。
みんな優しくていい子ばかりです

バレンタインや僕の誕生日にはプレゼントや手紙がたくさん届きます♪

詳しくはこちらをご覧下さい

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。