私が絶望的な状態から脱出できた理由

いったい、私はどうやって絶望的な環境からモテまくる状態を作ったのか?
どうやって、童貞特有のハンデを克服していったのか?


きっかけは、インターネットで知ったある秘密の方法を使ってみたことです。

その方法について詳しくは、こちらからご請求して下さい



その方法を使い始めたとたん、驚くほど簡単に女の子と仲良くなれて
あっさりとデートの約束ができるようになったのです。


私はそれまで女友達すらいない生活をしていたのに、その方法を使い始めてから
10〜20人くらいの女の子と連絡をとり、毎週末デートする生活に変化したのです。


そして始めてからわずか29日後に、周囲が仰天するほどの超かわいい恋人が
できてしまいました。


それからというもの人生が一転し、その後1年間で37人もの女の子から告白され、
100人近くの女の子とエッチすることができました。
そんな超モテる男性へと激変してしまったのです。

今ではもう恋愛においては無敵の自信があります。


それだけに私は、誇りと確信を持って、断言できます。

童貞が恋人を作ることは、本当に簡単なことなのです。


しかし、実際のところは、途中で諦めてしまう人が本当に多いんです。


『本当はその状況からでもかわいい恋人を作れるのに・・』

『童貞の欠点なんて簡単に克服できるのに・・』


私はいつもそう思います。本当にもったいないのです。


確かに、数年前までの主流とされる恋人の作り方といえば
女の子に免疫がない人にとっては辛い方法がほとんどでした。


ナンパ・合コン・出会い系を使う ⇒ 恋愛のド素人にはあまりにも難しすぎます。

友人から女の子を紹介してもらう ⇒ モテない童貞にそんな人脈ありません。

職場や学校の知り合いに告白する ⇒ その出会いがないから困っているのです。


しかしここ数年で、出会いの構造そのものが、大きく変化したことをご存知でしょうか?

インターネットの本格的普及にともない、女の子に免疫のないひきこもりの童貞でも
知識とやる気さえもっていれば、カンタンに恋人は作れるようになりました。

インターネットでは史上空前の勢いで、恋愛ラッシュの波がきています。
それなのに、何故これほど多くの方が童貞で悩まれているのでしょうか?


■上手い出会い方を知らないから?

■性的な魅力がないから?

■くち下手で女の子とコミュニケーションがとれないから?


違います。


その理由は、怠惰な日常の流れに飲み込まれ、
多くの人が実際に行動を起こしていないからです。


これは童貞の方を対象にしたアンケートでも明らかになったのですが、

童貞の方の多くは、行動して失敗しているのではなく、
行動すらできずに、もがき苦しんでいるのです。

その行動できない理由は、単に無知であるというのも勿論あると思いますが、
一番のネックは童貞にのしかかる特有の不安要素ではないでしょうか?


『女の子に免疫がない自分に恋人なんてできるだろうか?』

『口下手でも平気だろうか?』

『初めてのエッチで恥をかいたりしないだろうか?』

『容姿に自信がないのに女の子が相手にしてくれるだろうか?』

『童貞ということでバカにされたりしないだろうか?』


これは『行動力がないから』で片付けられるほどなま易しい問題ではありません。

筋金入りの童貞の方が感じている苦痛やプレッシャーは、
普通の人には想像もつかないくらい大きなものです。
これは私が身をもって知っている事実です。


そんな、正しい方向性が示されない状態で、
手探りで行動に移せと言われても、
それはあまりに酷というものでしょう。

人間誰しも、慣れないことには、
不安がいっぱいで、臆するものです。
それが、恋愛となれば、なおさらではないでしょうか?

詳しくはこちらをご覧下さい

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36834300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。